瑕疵保険を知っていますか|ファイナンシャルプランナーへの相談でを保険比較する基準を知る|insurance.info

瑕疵という言葉の意味とその危険性を知っていますか

瑕疵に関する口コミ情報

最初は何のことか分からなかった

前に住んでいた家を売るときに、瑕疵保険のことを知りました。瑕疵という言葉の意味が最初はよくわかりませんでした。しかし、保険の営業員さんが丁寧に教えてくれたので、その大切さが分かり、加入することにしました。そのおかげで、取引もスムーズに済みました。

もっと早く確認しておけばよかった

瑕疵保険の存在は知っていたのですが、自分の家には関係ないだろうと思い、あまりよく理解していませんでした。しかし、建築後に壁面に問題があることが分かりました。幸い工事会社が瑕疵保険に加入していたおかげで費用を負担してくれましたが、自分でも保険について考えておくべきだったと後悔しました。

瑕疵保険を知っていますか

困る人

保険のおかげで助かった

自分では瑕疵保険が何なのかよく分かっていなかったのですが、自宅のリフォーム時に問題があることが分かり、保険金が下りました。これからはちゃんと勉強して、保険の重要さを確認するべきだと思いました。

瑕疵保険は住宅を支える基礎の保険です

火災保険や地震保険には入っていても、瑕疵保険の存在は知らないということがよくあります。瑕疵保険とは、住宅の建築やリフォーム時に欠陥が見つかった時に、その修繕費用を捻出するための保険です。他の保険とは違って、住宅を買った消費者ではなく、住宅を建てたり売ったりする事業者が加入する保険です。そのため、これから家を買ったり、リフォームしたりする消費者は依頼する相手がどのような瑕疵保険に入っているか確認することも、時に必要なのです。

瑕疵保険は事業者の信頼度を高めます

瑕疵保険は、もしもの時にお客さんに迷惑を掛けずに、補修や建て替えをするために申し込む保険です。そのため、この保険に入っているということは、それだけ失敗の可能性が少ないと保険会社に信用されていることを示してもいます。つまり、ただ何かが起こった時の補償になるだけではなく、事業者としての信頼度を示すステータスでもあるのです。しっかりとした保険に加入している事業者は、顧客や他の取引先とさらに円滑に仕事を行えるのです。

広告募集中